ニキビに悩まされた日々

私は昔から肌が弱く、アレルギーやアトピーをもっています。

合わない化粧品を使ってしまうと、一気に顔が赤くなってしまい、肌はピリピリなり、しばらく化粧ができないような状態になっていました。

なので、昔から、使う化粧品にはかなり敏感で、自分に合うものを色々探していました。

やっと自分に合う化粧品を見つけ、一生これ使おう!!、と思って使っていた矢先、今回は、初めてニキビに悩まされるようになりました。

ニキビの原因は、仕事のストレスでした。

もちろん、今までもニキビができたことはあります。

ただ、今回は、繰り返し、かつ、一度にたくさんできてしまうような状態でした。

治りも遅いため、いけないこととは分かっていても、ニキビを潰して対応していたところ、今度は痕が残ってしまうようになりました。

皮膚科に通い、抗生剤の内服と軟膏塗布が始まりましたが、今度は軟膏にまけてしまい、使えなくなりました。

なので、それからは、家庭用の美顔器で、毎日、エステサロンで購入した美容液の導入を始めました。

今までも美顔器は使っていたのですが、週1ペースでした。

さらに、週1ペースでしかしていなかったパックも、2日に1回するようになりました。

また、寝具も毎日とりかえ、可能な限り、ゴールデンタイムと言われている時間、22時~2時の間に、たくさん寝るように心がけるようになりました。

これを1か月行うことで、ニキビはできなくなり、ニキビ痕も目立たなくなりました。

普段から肌のメンテナンスには気を配ってますが、なかなか治りません。

普段から肌のお手入れには、凄く力を入れてます。

まずお化粧をしても家に着いたら即落としてます。

タオルで顔をふく際もポンポンと摩擦をかけないようにしてふくようにしてます。

必ず化粧水のパックで入念にたっぷりと化粧水を含ませてから、乳液を塗るようにしてます。

乾燥しがちなので、保湿に特に気を付けてます。

また、外からだけでなく、内側からのケアとしてもサプリも取ってます。

ビタミンや鉄などコラーゲンなど気を配ってます。

他にも洗顔料も酵素の洗顔を週に2、3回するようにしたりと本当に気を配り、睡眠についても7時間以上は取るように気を付けてます。

このように凄くお手入れを入念にしていてもまだまだお肌の悩みがあります。

それは、思春期時代から大量のニキビを潰してしまった代償としてのニキビ跡です。

少しは薄くなったりしましたが、まだまだ残ってます。

大人になった現在でもホルモンバランスやストレスによってもフェイスラインにも出てくることがあるので、気分転換などストレスを溜めないような解消法も見つけるようしてます。

ニキビ跡や新陳代謝を促し、ターンオーバーするようにビタミンC誘導体配合の美容液を使用したりしてますが、即効性には欠けています。

治すためにも食事についても大豆商品やお菓子の間食を控えるようにと気を付けてます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする